パセラ メキシコ観光 株式会社 メキシコ観光
パセラ ホーム
> バイリンガルになりたいアナタへ
パセラ コンテンツ
テーマで探す
  世界遺産の旅  
  ロマンチック・コロニアル都市  
  隠れ家ホテルで癒しの休日  
  スペイン語を学ぶ  
  メキシコでダイビング  
  ウェディング&ハネムーン  
  キューバでサルサ・レッスン  
  お祭りを見に行こう  
  さらなるテーマはこちら  
イベント・ツアー情報
  パセラのお勧め企画  
  モデルコース集  
行きたい場所から探す
メキシコ
  キューバ  
  グァテマラ  
  ホンジュラス  
  エルサルバドル  
  コスタリカ  
  パナマ  
  ドミニカ共和国  
  ベリーズ  
メキシコ観光について
  サイトマップ  
  会社概要  
  お問い合わせ  
AMIGOS-アミーゴーズ-
  リンク集  
  日本でメキシコを味わう!  
  採用情報  
  海外現地情報-よもやま話-  
  メールマガジン  
UNAM田中先生のメキシコ講座
COMO ESTA MEXICO

メキシコ 時刻
MEXICO
キューバ 時刻
CUBA
日本 時刻
JAPAN


 

「バイリンガルになりたいアナタへ」

パート1,2,3,として本になりました。
ご希望の方はお問い合わせくださいませ。 3冊セット 1000円

プロローグ

本書は筆者の娘M子17歳が日本語、スペイン語、英語、ドイツ語を習得した過程の記録と、家庭で出来るバイリンガル教育法の、具体的ノウハウの紹介である。 筆者で、M子の母親である私は、30年近く大学で語学教育に携わっているが、大学生に教室で教えるのに慣れてはいても、いざ、我が子供の語学教育となると、暗中模索、手探り、失敗の連続であった。なぜなら、自分の子供を家庭でバイリンガルするための、納得のいく「バイリンガル教育」手引書がなかったからである。 私とて、語学教育者の意地をかけて、「受胎告知」ならぬ、医師からの「懐妊宣言」を受けて、バイリンガル教育を思い立ったその日から、多数の「バイリンガル」と名の付く書物を読みあさったのである。だが、しかし、ほとんどが既にバイリンガルに成長した子供の、二言語間の使い分けなどの、外部からの研究書で、どうすればバイリンガルに育てられるのかは書かれていなかった。 かといって、日本の外国語学教育にも不安があった。日本の英語教育は長い伝統を誇り、近年ますます熱を帯び、幼児からのバイリンガル教育も盛んであるが、本当の意味でのバイリンガルに成長した例を知らないからである。失敗例はあっても、成功例の乏しい理由は、実に簡単で、バイリンガル教育に対する、偉大なる誤解である、という事に気がついた。それを無理やり一言でいうと、「外国語は母語の能力が基礎」という単純な真実となる。この本は、この真実をモットーに、誰でも、家庭でできるバイリンガル教育を、日常の体験から具体例を山盛りにして、楽しく、おもしろく、やさしく、書いた「バイリンガル教育」マニュアルである。なお、本書は娘M子誕生から、日本語、スペイン語のバイリンガルになるまでで、英語、ドイツ語の修得過程は次書で紹介させていただく予定である。 また、水谷修名古屋外国語大学学長(叙勲「瑞宝中綬賞」)、西村六善地球環境問題担当大使、前メキシコ駐在大使には、本書に身に余る推薦文を頂き、深く感謝いたしております。

田中都紀代
2005年8月 メキシコ市

著者略歴 田中都紀代
早稲田大学文学部、
筑波大学修士課程日本研究、
日本語教師養成プログラム卒業
メキシコ国立自冶大学博士課程メキシコ史修了
国立国語研究所長期専門研修修了
国際協力事業団、筑波大学修士課程講師
メキシコ国立自冶大学国際交流基金派遣日本語講師
現在、メキシコ国立自治大学専任講師
主な著書、「日本語表現文型 中級I,II,」筑波大学
「日本語会話」国際協力事業団(JICA)
「997語で読める日本語」北星堂
「ラテンアメリカ 子どもと社会」新評論社

推薦文 西村六善 地球環境問題担当大使、前メキシコ駐在大使
数年にわたり日墨協会広報誌に連載された「バイリンガル大作戦」の第一部が日墨協会設立50周年記念として、出版されることを、心から歓迎します。日本の将来は世界の中で日本と日本人がどう羽ばたくかにかかっています。日本人がバイリンガルを目指すこと、それは日本が新しい世界で新しい大きな役割を果たす決心をすることです。それによって、単に外国語を操れるだけでなく、外国の文化や価値をやさしい気持ちで理解しようとする日本人が増えることにもなります。これがこの本の真の意義です。海外生活での心配事の一つは、子供の言語教育だと思いますが、本書は、 長年、大学で言語教育に携わってきた著者が、家庭の中で自分の子をバイ リンガルに育てた実録書ですので、具体的な方法の紹介があり、バイリン ガル教育に役立つ一冊と思います。

推薦文 水谷修教授 名古屋外国語大学学長
海外帰国子女や国際結婚をした夫婦の間に生まれた子供たちのことばの問題はこどもたち自身の将来を決定的に左右する。 その問題を解決する鍵はひとえに両親のことばに対する姿勢に依存する。しかもその姿勢は具体的なことばの事例に自信を持って対応できるものでなければならない。この本の素晴らし さはウイットと洞察力に富んだ表現の楽しさにもあるが、何よりも著者自身の体験に基づいた子ども育ての知恵の豊かさの中にある。日本国内の国際結婚の比率が20組にひと組となった現在、この書に期待される社会的貢献はきわめて大きい。

●個人情報のお取扱について
 
サイトマップ / 会社概要 / お問い合わせ・東京
Copyright (C) 2004 MEXICO KANKO. All Rights Reserved.