パセラ メキシコ観光 株式会社 メキシコ観光
パセラ ホーム
> 行きたい場所で探す > パナマ共和国
パセラ コンテンツ
テーマで探す
  スペイン語を学ぶ  
  メキシコでダイビング  
  ウェディング&ハネムーン  
  キューバでサルサ・レッスン  
  お祭りを見に行こう  
  さらなるテーマはこちら  
イベント・ツアー情報
  パセラのお勧め企画  
  モデルコース集  
  あなた流オーダーメイドの旅  
行きたい場所から探す
メキシコ
  キューバ  
  グァテマラ  
  ホンジュラス  
  エルサルバドル  
  コスタリカ  
  パナマ  
  ドミニカ共和国  
  ベリーズ  
メキシコ観光について
  サイトマップ  
  会社概要  
  お問い合わせ  
AMIGOS-アミーゴーズ-
  リンク集  
  採用情報  
  海外現地情報-よもやま話-  
  メールマガジン  
メキシコ 時刻
MEXICO
キューバ 時刻
CUBA
日本 時刻
JAPAN
 
 
基本データ
国名 パナマ共和国 首都 パナマシティ
(スペイン語ではシウダー・デ・パナマー)
人口 約2,830,000人 (2002年調べ) 公用語 スペイン語
(クナ族などの先住民は独自の言語あり)
時差 −14時間(GMT-5)
(他の中米諸国よりも1時間進んでいる)
宗教 カトリック93%、プロテスタント6%
電圧 110V/220V(新しいホテルなど)。なお、プラグの形状は日本と同じ。ただし長時間使用する場合は変圧器が必要。
パナマ共和国と日本の時差
東京
午前0時
4時
8時
正午
16時
20時
24時
パナマ共和国
前日10時
14時
18時
22時
2時
6時
10時
 
アクセス
パナマ共和国入国
1. 空港施設概要
  中南米の中でもよく整備された空港のひとつで、旅行社にとっても非常に利用しやすい。
左ウィングは主として中南米からの到着、右ウィングは主として北米からの到着となっている。
2. 入国手続き書類
  入国のためのツーリストカードは事前に記入しておく。
※事前にツーリストカードを取得していない場合はパナマ空港でUSD$5.00で購入。
3. 入国審査
  記入済みの入国カード、出国の航空券をパスポートに添えて提出する。パナマ人と外国人の区別はないので同じ窓口に並んで待つ。
4. 税関検査
  税関及び検疫については指定の申告書に記入しなければならない。酒類は3本、タバコは1カートン、までとなっている。最近南米からの飛行機便で麻薬を持ち込もうとする乗客が多く摘発され、これについては特にチェックが厳しい。外貨持ち込み額1万j以上については申告しなければならない。
5. 空港内での留意点
  トクメン国際空港はひったくり、スリ、置き引き、詐欺などの被害例が多く、手荷物などにはお気を付け下さい。また麻薬の取締りが厳しいため、誤解を招くような粉末の薬などは持ち込まないほうが良い。
6. 空港からの主な交通手段
  飛行場から町までは約25kmで、タクシーを利用すると1人25j(乗合いは1人8j)(2002年10月現在)
7. ビザ・ツーリストカード
  日本人は観光の場合、ビザ、またはツーリストカードが必要。どちらも30日以内の滞在が可能。 中南米諸国から入る場合、搭乗地の航空会社カウンターで購入可能。($5)
または、パナマシティに到着後、イミグレーションで購入することも可能。($5)
いすれも購入後、ご自身にて必要事項を記載しなければならない。
日本でVISAを取る場合: 東京のパナマ領事館に申請。(申請手数料、2000円)
※30日以内の一般的な観光のツーリストカードで入国後、現地で最長90日まで延長することも可能。
 
  A.観光ビザ
  期間は30日以内であるが、90日まで現地にて延長可能。
  B.通過ビザ
  48時間以内滞在可能なビザ。
  C.短期滞在ビザ
  90日以内滞在可能で、商用、スポーツ、芸能などの場合に取得するビザ。
パナマ共和国までの主な航空ルート
  コンチネンタル航空利用 :
  往路はヒューストン経由で同日乗り継ぎが可能ですが、復路はヒューストンで一泊となります。
  デルタ航空利用:
  往路はアトランタ経由で同日乗り継ぎが可能ですが、復路はアトランタで一泊となります。
 
旅の情報
通貨 単位はバルボア (PAB)と言われているが、バルボア紙幣はなく、 米ドルを使用。
また、50ドル、100ドル札はニセ札が出回っていることもあり、高級ホテルやレストラン以外では受け取りを拒否される場合がある。コインはUSD$のものとパナマ独自のものを併用(パナマのコインは米国では使えない)。
コインのデザインは異なるが、大きさと材質は同じで同等に使用できる。
換算レート PAB1=約109.31円 (2004年07月01日)
両替 T/Cはあまり普及しておらず、高級ホテル以外ではほとんど使用不可能。銀行で両替が可能だが、提携銀行以外のT/Cは換金できないこともある。また手数料としてUS$20ドル位取られる場合がある。
携行通貨 日本でUSD$に両替をして、お持ちください。小額紙幣を多めにご用意ください。
クレジットカード パナマ共和国はクレジットカードによる支払システムが中米諸国の中では進んでいるためほとんどのホテルやショップで利用可能。 (AMEX、VISA、MASTER が主流)
ただし、サンブラス諸島では、銀行がなく、現金のみ使用可能となっている。
TAX (VAT)付加価値税あり5%(還付制度なし)。中級、高級ホテルでの宿泊税は10%。
飲料水 浄水システムが発達しているため現地の人間は水道水を安心して飲みますが、観光客の方はミネラルウォータをお勧め致します。
郵便 郵便事情は悪くなく、通常日本へ1週間〜10日ほどで手紙が届く。
ハガキは$0.45〜、封書はUSD$0.6〜(1999年4月現在)。
電話料金
1.公衆電話
  市内であれば3分毎に10セント(1999年4月現在)
2.国際電話(パナマから日本にかける場合)
  ダイヤル通話:0081-0を除いた市外局番+電話番号最初の1分が約4,00j、以後1分毎に約3.00jが加算される。 オペレーション通話:006で交換手が出る。最初の3分が15j、以後1分毎に5jが加算される。
交通事情 一般的な市民の乗り物はバスとタクシー。タクシーは、メーター制ではない。
一応、ゾーン制になっており基本料金は、$0.75から、と決まっているが、メーターがないので 乗車前に確認する必要がある。早朝、深夜割増、乗車人数による割増料金もある。
バスは市内のほとんどの所へいけるが慣れない場合は時間を浪費するだけ。スリも多いので避けたほうが良い。
代表的な
パナマ料理
1. サンコーチョ(SANCOCHO)
  パナマの代表的な料理の一つで、野菜、バナナ、トウモロコシなどが入ったチキンシチューのようなもの。
2. モンドンゴ(MONDONGO)
  牛の贓物と野菜をトマト味で煮込み辛いソースと共にライスにかけて食べる。
3. トーフ(TOFU)
  ポカス・デル・トーロの郷土料理で、魚のフライにココナッツミルクで煮込んだバナナ、ユカイモなどをかけたスパイシーな味。
4. カリマニョーラ(CARIMANOLA)
  ユカイモに挽肉を包んで揚げたコロッケのようなもの。
5. トルティージャ(TORTILLA)
  トウモロコシの粉をこねて円盤状に伸ばし揚げたもの。メキシコなどのトルティージャとは若干異なる。
代表的なお土産 モラ:サンブラス諸島に住むクナ族の女性の民族衣装。色彩鮮やかな刺繍やアップリケがほどこされており、デザインも個性的である。
 
気候
 
パマナシティの年間平均気候表
パマナシティの年間平均気候表
 
  高温多湿の熱帯性で、雨期と乾期に分けられパナマ人は雨期を冬、乾期を夏と呼ぶ。
雨期には1日に1〜2回のスコールがある。
 
 
服装 1年中夏服で過ごせるが、レストランやお店の中などは冷房がよく効いているのでカーディガンなどを用意するとよい。
 
祝日一覧
 
 
1月1日 新年
1月9日 国民的殉教者への服喪日
2〜3月 カーニバル
4月2日 聖金曜日
3〜4月 イースター
5月1日 労働者の日
8月15日 パナマ市建設記念日
11月2日 霊魂祭
11月3日 コロンビアからの独立記念日
11月4日 国旗の日
11月8日 独立の第一声記念日
11月29日 スペインからの独立記念日
12月6日 母の日(聖母受胎の日)
12月25日 クリスマス
12月31日 大晦日
 
 
 
●個人情報のお取扱について
 
サイトマップ / 会社概要 / お問い合わせ・東京
Copyright (C) 2004 MEXICO KANKO. All Rights Reserved.